hana.com



kaleidoscope 万華鏡について思うこと


麻布十番に、『KaleidoScope MUKASHI-KAN』 っていう、
万華鏡専門の素敵なお店があるんだよ。
とても小さなお店なんだけど、
商品、小さいものは手のひらサイズから、
大きいものだと、もう天体望遠鏡サイズまで、色とりどり。
ひとつひとつ美しい装飾で飾られていて、ほとんどが一点もの。
覗くとみえる世界の広がりが、デザイナーの個性に溢れてるし、
店内にいると、なんかこう、わくわくする感じなの。
b0145357_1256316.jpg

いろんな万華鏡を手にとっては、くるくるしてると、
「イリュージョン」という物語の一節にあった、
主人公リチャードと、救世主と呼ばれるドンの、こんな会話を思い出したよ。


“きれいな空だな、ドン。
完璧な空だと思うか?
完璧ってなんだ?
完璧な人格っていうだろ?そういう意味でさ。
空はいつだって完璧さ。
一秒ごとに変化しているのに完璧だって、そう思うか?
ああ、海もそうだ、完璧だ。
完璧であるためには、一秒ごとに変化しなくてはならない。

イマジン、想像せよ。
宇宙は美しく、完璧であると。
預言者は、君たちよりうまく、それを想像するだけだ。”


ふーむ。
さっきとおなじが、2度とこない世界。
現実世界も、万華鏡の世界もいっしょだよね。
万華鏡を覗けば、一秒ごとに変わる世界を、完璧で美しいと思えるけど、
一秒ごとに変わる、現実世界を、完璧だと思えるのは、むり。
自分のテンションが最高にあがってれば、べつだけどね。
もしも、その一秒一秒が、完璧だと思えるようになれば、
きっと無敵な人生だろうね。
かなり仙人級だけど。

b0145357_1256467.jpg

お店の人いわく、万華鏡ってね、
白熱灯の明りでみるか、太陽光でみるか、
または、その日のマインドコンディションによって、
みえる世界がかわるんだってさ。
なんか、すごいね。

あのね、近くにいた常連さんみたいな人が、
新作の万華鏡を手にとって、ああ、貯金しなきゃ・・・って、
ため息まじりにつぶやいていた。
気になったから、あとでその万華鏡の値札みたら、「25万円っ!」
そりゃ、貯金いるわ。

アタシも美しい万華鏡を買って、一秒ごとに変わる世界を、
ああ、完璧で美しいと、想像する練習でもしようかな、
そしたらいつの日か、預言者になれるかな。
いやいや、
それは「現実逃避」だから!って、
これ読みながら、突っ込みいれたでしょ?
きみ、きみ。

でも、指先の力すこしで変わる、
手のひらサイズの万華鏡の世界ですら、
つぎの場面は、いつだって予測不可能なんだぜ。
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-01 14:15 | wow!

生協の白石さん


□質問1:
愛は売っていないのですか?

答え:
どうやら愛は非売品のようです。
もし、どこかで販売していたら、それは何かの罠かと思われます。
くれぐれもご注意ください。

□質問2:
白石さんのおかげで、ぼくにもやっと春がきました。
しかし、つぎの冬がこわくてなりません。
対処法は、ありますか?

答え:
春到来、おめでとうございます。
『つぎの冬の対処法』」ですが、「なにもしない・かんがえない」ほうが、
望ましいのではないでしょうか。
せっかく訪れた春を存分に楽しめなくなってしまいますよ。
暖かい時期にヒーターがあっても、場所をとるだけです。
ゆえに、備えは不要と思われます。
ぜひ春を満喫してください!


これ、なんのやりとりか知ってる?
東京農工大学の中にある生協(coop)の職員、白石昌則さんと、
学生さんの「ひとことカード」での筆談のやりとり。

なんとそれが一冊の本にまとめられて、
『生協の白石さん』っていうタイトルで出版されたから驚き。

まず、「ひとことカード」っていうのは、生協に「こんなもの入荷してほしい」などなど、
お客である学生さんが、要望・質問などを自由にかける、アンケート用紙で、
そのカードの返答を、担当である白石さんが書いて、掲示板に貼るシステム。
ある日の、なぞかけみたいな質問に、白石さんが気の利いた返答をしたら、
以来、白石さんの“返し”を期待する、“フリ”の質問が入るようになったんだって。

怒りもせず、粋な感性で、まめに応えてくれる白石さんに人気がでて、
本人が知らないうちに、関連のブログとかたくさんできて、いきなり有名人。笑
すごいよねー、ごくふつうの生協の職員さんなのに。

ほかにやらなきゃいけない仕事だってあるだろうに、まじめだよね。
しかし、こんな小さな回答のなかに、プチ哲学がたくさんあってびっくり。
でもさ、これって反面教師じゃない?
お堅い哲学を頭ごなしに諭すより、ユーモア交えた粋なセリフを説いたほうが、
実際、だれだって、聞く耳もつもんねー。
あ、べつに学生さんたちも、本気でお悩み相談してるわけじゃないのは良くわかるけど。

遊びごころのなかに、ちらりと素敵な「おつり」がくる、この感じがいいね。


『生協の白石さん』お得用エディションだって。
ははは、けっこう商売っ気あるね。
http://www.moura.jp/clickjapan/shiraishi/
[PR]
# by HANAHANAUP | 2008-06-26 13:22 | book

ぐるりのこと


きのう映画、「ぐるりのこと」を観たよ。
リリーフランキーと、木村多江が演じる夫婦の、10年間の物語。
もうね、すごいよ。
だって、10年、ながいもん。
毎日顔つきあわせてれば、そりゃー事件ばっかし!
でもね、10年間一緒に過ごしたからこそ、見えてくる景色があるんだね。

アタシのヨガのお師匠さまの言葉で、
「夢」という言葉は、きれいだけど、なまぬるい。
どうあっても、実現したい、と、思う気持ちは、
理想状態への「執着心」ではないでしょうか?
と、ある。
ふむふむ。

ならば、思う。
ひとりの人とずーっと一緒にいることも、
ある意味、執着心なのかな?
別にネガティブな意味じゃなくて。
ふたりで幸せになろうよ、っていう前向きな執着心。

↓この映画のキャッチコピー

“めんどくさいけど、いとおしい。
いろいろあるけど、一緒にいたい。”

これって、すごくいい感じじゃない?
こんなに短い言葉なのに、すべてがギュっと詰まってる。

内容自体はね、扱うテーマが重くて、苦しいし、
上映時間も144分という、かなりのボリーム。
でもね、リリーフランキーの軽妙な語りに癒されたり、
まったく緊張感を途切れない演出はみごと。
ほんとうに素晴らしい映画だなーと、痺れた!

もちろん、見た後はガールズトーク炸裂ですわよ。
b0145357_1129156.jpg
『ぐるりのこと』
CINEMA RISEにて上映中
[PR]
# by hanahanaup | 2008-06-25 17:23 | movie

n.e.r.d.


b0145357_1446177.jpg

ここ数年の、
ブリンブリンなファッション、コメント、挙動、
セレブ気取りなファレルが好きじゃなかった。
いやもちろん、セレブだから、セレブなんだけどね。

でもでも、
the boys back in street !?
ひさびさに、ストリートな感覚の彼らが戻ったのかな。
ちょっと大人の色気をお土産に。

いまのところ?
いやいや、今後もそう願う。

track.6の、『yeah you』
ウッドベースの音がぶんぶん。
track.7の、『sooner or later』
ピアノand、ファレルのせつない歌声。
なんか恋がしたくなーる感じ。
さすがね、男のファルセットボイスNo.1
その他の曲も、もちろんいい。

お金と名声に、目をくらませない、
反比例の法則をかっこよくやってくれないかな。

b0145357_15283833.jpg
N.E.R.D.
『seeing sounds』
[PR]
# by hanahanaup | 2008-06-24 15:44 | music

くちなしの花

いまの時期、近所の路地を歩いていると、
ふと、くちなしの花のいーい香りが漂う瞬間がある。
深いみどりの葉に、白く大きな花を咲かせるくちなしの花。

アタシはこの花の香りをかぐと、なんだか胸がきゅっとする。
ちいさな頃に、住んでいた家の庭に、この花が咲いていたから、
きっと何かを思いださせるのかもしれない。
でもそれがいまいち何かよくわからない。
なんとなーくの、漠然としていてあいまいな記憶。

ちなみに花言葉は、
「清楚、幸せ者」なんだって。
でもね、日が沈むと、たくさんの虫をおびき寄せるために、
うーーんと、香りを強めるんだってさ。
うふふ、清楚なふりした悪女花だよね。

でもおかげで、香りの記憶は数十年たったいまでも残ってる。
逆に、ちいさい頃の家の庭の、どこにこの花が咲いていたのか、
その風景みたいなものは、まったく覚えていないんだよね。
だって、匂いをかいで思いだす記憶もあいまいだし。
正確なのは、ただ、この花の香りのみの記憶。

ふだんは視覚が記憶する映像を頼りにしていたりするけど、
もっともっと原始的な五感、これでいうと嗅覚だね、
その記憶の優秀さに、びっくりしてる、きょうこのごろ。
前世は犬かな?
わんわん。
[PR]
# by hanahanaup | 2008-06-20 20:22 | 王さまの耳はロバの耳...


“read my lips”...声にならないささやき...もしくは、ときどき、内緒のお話し。
hana プロフィール
★★★★★★★★★★

ヨガの先生やってます!
ラージャヨガと呼ばれる
古典スタイルを探求中

★★★★★★★★★★

【ヨガのスタイル】
▼ラージャヨガとは?
ラージャとは王様を意味するサンスクリット語。ヨガの王道といわれ、ヨガの古典文献「ヨーガスートラ」に登場、別名は「瞑想ヨガ」。

▼どんなクラス?
ヨガ的なお話を交えながら、伝統的なヨガの知恵を現代社会で活かせるようにアレンジ。動きとじっくり向き合うことで精神を統一していき、ヨガの本質である静寂と心身の調和にアプローチしていきます。

★★★★★★★★★★

【ヨガの経歴】
◆日本ヨーガ瞑想協会
指導者トレーニング修了
全米ヨガアライアンス
200時間修了

◆インド政府公認スワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団指導者養成(YIC)受講中

2008年秋、ヨガ仲間と銀座3丁目にHASYOGAスタジオを設立。コンセプトは「日常に活かすヨガ」マットを降りたときにも役に立つヨガをお伝えしています。

銀座ヨガ ハスヨガ

★★★★★★★★★★

【レギュラークラス】
▼銀座のクラス
毎週土曜日(朝)
10:45~12:15
銀座ヨガ ハスヨガ

▼赤坂見付のクラス
毎週水曜日(夜)
20:30~21:00
毎週金曜日(朝)
11:15~12:30
Ryuung Studio

▼高円寺のクラス
毎週月曜日(夜)
19:30~21:00
Belle Vert

★★★★★★★★★★

【プライベート・クラス】
マンツーマンでヨガしたい
お友だち同士でヨガしたい
仕事の合間にヨガしたい
ヨガの哲学を勉強したい
・・・
そんなかたに!

みなさまのライフスタイルに合わせた、プライベートクラスを承ります。ご希望の日時や場所、クラス内容を明記のうえ、下記アドレスにご連絡をお願いします。

▼メールアドレス
hana-87up☆hasyoga.net
(☆を→@に変えて送ってください)

☆その他、ご質問などなど
お気軽にお問い合わせください!

★★★★★★★★★★

【Twitter】
hana_hasyoga

★★★★★★★★★★

【ヨガブログリンク】
走るYogini
*natural flow*
忙しいときは適当に そのくらいがちょうどいい
書を捨てよヨガをしよう

★★★★★★★★★★
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧