hana.com



イカした大人女子たち


60’s-70’s N.Y.パンクスand、ニューウェーブのアイコン、
いやいや、いまもむかしも永遠の、アメリカのアイコン!
デボラ・ハリーひきいる「Blondie」のお話ね。

今年は、大ヒットした3rdアルバム「Parallel Lines」から、
発売30周年を記念したライブツアーをやるんだって。
アメリカ国内15都市、イスラエル、ドイツ、ロシアetc...を、回る予定らしい。

知ってる?
デボラ、今年で63歳なんだよ!
うちのお母さんと同じ年なんだよ!!
すごいよね。

世界の「大人女子パワー」ってほんと、すごい。
たとえば、newアルバムを出したばかりのマドンナ。
「4 ミニッツ」でfeat.してる、超年下のジャスティンに、
真顔で「Hey,girl」とか、言わせちゃってるし。
カイリー・ミノーグなんて、乳がん克服したばかりなのに、
もう、いつものような、セクシー全開で完全復活してるし。
みんな、イケイケ度、はんぱない。

マドンナも、カイリーも、プロフェッショナルだから、
身体も、パフォーマンスも、つねに完全な状態に、
自己管理して、研究して、アタシたちを楽しませてくれる。

でもね、デボラはなーんか違うんだよね。
いい感じの適当さがあって。
シックで、ミニマルなドレス着てるのに、
おかまいなしで、やんちゃなライブやっちゃうし。
あ、もちろん、今、じゃなくで60’s-70’sの、
ロック、パンク、ニューウェーブ全開の頃ね。
なんつーか、シックなのに、ワイルド!

もちろん、マドンナも、カイリーも、大好き。
だからあえて、たとえるんだけど、
もしも、この二人が、学校にいたとしたら、
チアガールとかやってる、超人気者の生徒。
で、デボラは、部活とかぜんぜんやんないで、
学校もたまにしか来ないのに、なぜか下級生から人気ある先輩。
勝手なイメージだけどね。

いまでも、マーク・ジェイコブスが、
デボラにオマージュを捧げて、デボラの顔イラストTシャツを、デザインしたり。
ミッシェル・ゴンドリー監督が、デボラの伝記映画を製作する予定だったり。
後輩である今のクリエイターのハートを刺激しつづけてる!

その理由ってなんだろう?
もちろん、持って生まれたスター性とか、
60’s-70’sの時代性への、憧憬とか、いろいろあると思うけど、
なんつーか、ライブDVDとか観てるとひしひしと伝わってくる、
デボラの「柔(やわら)」なイメージなのかなー。

気になった方は、
このDVDをチェックして!「Blondie Musikladen Live
他にもいいDVDたくさんあるんだけど、
アタシの中で、これが、『適当なデボラ』No.1。
しかも、収録時間、クレジットには(47分)って書いてあるのに、
実際は20分少々だったからね!適当だよー!笑

「Blondie」というバンド名の由来。
デボラは、通りかかったトラックの運転手に、
「Hey, Blondie!(よぉ、金髪ねーちゃん)!」っていわれ、
それをそのまま、バンド名にしたらしい。
こんなエピソードも、デボラだからハマるわ。


b0145357_19393075.jpg
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-09 20:42 | XXX

『アインシュタイン150の言葉』


20世紀最大の天才とよばれた、アインシュタイン。
その彼の、150の言葉をつむいでできた1冊の本があるよ。

皮肉とユーモアを、じょうずに操り、個性的な視点で、
人生、教育、哲学、宗教、戦争、etc...を語るの。
どれも簡潔で短い言葉なのに、鋭いから、ぐさりと刺さる!
偉業を成してきた人だからこそ、語れる言葉があるんだね。

そのなかでも、
いちばんのお気にいりは、

「いいジョークは、何度も言わないほうがいい」

150もあるのに、それかよ、でしょ?
でも耳が痛いのよ、やっちゃうタイプだから、自分。笑
これはね、『わたし自身について』っていう、段落のなかにあったの。
て、ことは、他人から聞かされて、感じたことじゃなくて。
彼自身が、やっちゃって、後悔をしたタイプなんだよね。

なんか人間くさくて、すごくいいなーと思った。
天才も、アタシたち凡人と同じように、ふつうのことで、悩んでたりするみたい。
だからこそ、発明という別次元の発想だけじゃなくて、
アタシたちの胸に刺さる、鋭い言葉もでるんだろーね。
ちいさな共通点に、ちょっと親近感。いぇい。
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-08 19:27 | book

zoot woman

b0145357_1112720.jpg週末暑かったよね。
だから、初夏におすすめの音源!
「80’s シンセポップ」meets....
「90’s エレクトロ」みたいな感じ?
ちょっと小洒落たエレクトロ・ポップ。
おもすぎず、かるすぎず、
いまの季節に気持ちいーよ。
日曜日の昼さがり、窓を全開にして、風に吹かれながら聴きたい。


アルバムは2枚かな、どちらもだいぶ前の発売だけど、今でも相当イケてる。
残念ながら、最近はぜんぜん新曲だしてないみたいだけど、
ちょい前の、Phoenix「too young」のremixも、最高gooooooodだよ!

b0145357_1132762.jpg



official website
http://www.zootwoman.com/
my space.com
http://www.myspace.com/zootwoman
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-07 11:31 | music

チバユウスケ


ここ最近のお気にいりの男子。
日本人なら、絶対、チバユウスケ。
thee michelle gun elephant」」のときは、ちと男臭すぎた。
でも、解散後の「rosso」でクラクラ。
さらに、(現バンド)「the birthday」で完全、ノックアウト。

なにがいいかって?
アタシの大好きな「相反する要素」が満載だから。

インテリなのに、不良
クールなくせに、面白い
ぜんそくなのに、タバコ (これはどうでもいいね)
エレガントなジャケット着てるのに、汗まみれ (ライブでね)

そして、
不良なのに、ロマンチスト!

歌詞がめちゃくちゃロマンチックなわけ。
なのに、突き放すように歌うし、
さらに、ライブではそっけない。

でも、照れ屋のくせに、絶対確信犯!
この人、しってんなぁー、って感じ。
このバランス感覚が、最高。

これはぜんぜん余談なんだけど、
かの有名なデザイナー「ココ・シャネル」も、
「相反する要素」を持つ素敵なお手本だと思う。

重いドレスに、コルセットで体を締め付ける女性のファッション、
まるでお人形のように、座っていれば、よし、とされた時代に、
「どうして女性は窮屈な服装に耐えなければいけないの?」と、反抗。
ソフトな素材の生地をつかったシャネルスーツを発表して大成功。
女性の社会進出に貢献したっていうから、
まさに、エレガントな反逆児。
この魂も、完全に、ロックだよね。

なんか、シャネルまでだして、熱くなったけど、
なにがいいたいかって、
「相反する要素」があるからこそ、
その、ふたつの要素が対極にあればあるほど、
その距離に、意外性という、「うまみ」がうまれるのかなーって思う。
だから、もう大好物なわけよ。

そろそろ、アタシうざい?笑

クールなふりして、冴えたギャグをいう。
完全に「確信犯」な発言集は、こちらを読んでね。

↓チバユウスケ発言集
http://sbngrt.sakura.ne.jp/chiba_top.htm

で、もし好きになったら、この検定うけてね。
50点以上取れたら、仲間に入れてあ・げ・る。
あら、どうでもいい?
はいはい。

↓チバユウスケ検定
http://minna.cert.yahoo.co.jp/ohfz/10442


なぜいま熱いか?
それは再来週ライブにいくから。
うふふ。
もう、お尻に火がついてます。
導火線短いもんで、はやくも爆発秒読みです。
日比谷野音に、でっかい女の打ち上げ花火、あげてきます。
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-03 18:17 | XXX

『illusions』 退屈している救世主の物語


アタシが傾倒している作家のひとり、
リチャード・バック(Richard Bach)の、
『イリュージョン』という小説のお話しね。

ひさびさにグッときた物語のひとつなの。
ページをめくるごとに、頭をこんこんノックされた。
ねえねえ、聞いてる?
きみはどうなのさ、って感じに。

内容は、ジプシー飛行機乗りの主人公リチャードが、
ある日(元)救世主と名乗るドンに出会う。
ドンが起こす奇跡を、目の当たりにしたリチャードは、
自分も救世主になりたいと決心して、
ドンと奇妙な修行の旅にでるの。
ドンから渡された、一冊の本『救世主入門』を持ってね。

ものすごい現実離れした、ファンタジーなんだけど、
投げかけてくることばが、すごい骨太。
とくに、『救世主入門』の内容には、ハッとさせられるから、  
日常のできごとと、思わずリンクさせてしまいたくなるの。
このブログでも、ことあるごとに、一節を引用してしまうくらい、
アタシにとって、バイブル的な存在。

そのなかでの、大好きな一節。

“君のなかは、何種類もの生きものによって構成されている、
君がある一歩を踏みだすのは、そのなかの学習欲旺盛な一匹によるものである。
好奇心、それが君自身だ”

これ読んで、イェイ!になった。
で、ブログはじめたのよ。
自分を構成する一匹、好奇心を目でみるために。

もしもアタシのなかの好奇心が、ぴょんと跳ねて、
読んでくれてるみんなの、ちいさな一匹に変化するとしたら、
それもまた、幸せ。
[PR]
# by hanahanaup | 2008-07-02 10:30 | book


“read my lips”...声にならないささやき...もしくは、ときどき、内緒のお話し。
hana プロフィール
★★★★★★★★★★

ヨガの先生やってます!
ラージャヨガと呼ばれる
古典スタイルを探求中

★★★★★★★★★★

【ヨガのスタイル】
▼ラージャヨガとは?
ラージャとは王様を意味するサンスクリット語。ヨガの王道といわれ、ヨガの古典文献「ヨーガスートラ」に登場、別名は「瞑想ヨガ」。

▼どんなクラス?
ヨガ的なお話を交えながら、伝統的なヨガの知恵を現代社会で活かせるようにアレンジ。動きとじっくり向き合うことで精神を統一していき、ヨガの本質である静寂と心身の調和にアプローチしていきます。

★★★★★★★★★★

【ヨガの経歴】
◆日本ヨーガ瞑想協会
指導者トレーニング修了
全米ヨガアライアンス
200時間修了

◆インド政府公認スワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団指導者養成(YIC)受講中

2008年秋、ヨガ仲間と銀座3丁目にHASYOGAスタジオを設立。コンセプトは「日常に活かすヨガ」マットを降りたときにも役に立つヨガをお伝えしています。

銀座ヨガ ハスヨガ

★★★★★★★★★★

【レギュラークラス】
▼銀座のクラス
毎週土曜日(朝)
10:45~12:15
銀座ヨガ ハスヨガ

▼赤坂見付のクラス
毎週水曜日(夜)
20:30~21:00
毎週金曜日(朝)
11:15~12:30
Ryuung Studio

▼高円寺のクラス
毎週月曜日(夜)
19:30~21:00
Belle Vert

★★★★★★★★★★

【プライベート・クラス】
マンツーマンでヨガしたい
お友だち同士でヨガしたい
仕事の合間にヨガしたい
ヨガの哲学を勉強したい
・・・
そんなかたに!

みなさまのライフスタイルに合わせた、プライベートクラスを承ります。ご希望の日時や場所、クラス内容を明記のうえ、下記アドレスにご連絡をお願いします。

▼メールアドレス
hana-87up☆hasyoga.net
(☆を→@に変えて送ってください)

☆その他、ご質問などなど
お気軽にお問い合わせください!

★★★★★★★★★★

【Twitter】
hana_hasyoga

★★★★★★★★★★

【ヨガブログリンク】
走るYogini
*natural flow*
忙しいときは適当に そのくらいがちょうどいい
書を捨てよヨガをしよう

★★★★★★★★★★
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧