「ほっ」と。キャンペーン

hana.com



カテゴリ:music( 18 )


Autechre / Oversteps


b0145357_13593281.jpg

ひさびさにCDショップにいったら、
欲しい新譜が目白押しの春でしたわ。

最近データで落とすことが多かったけど、久々にCDで買った。
ショーン・ブースとロブ・ブラウンによるエレクトロニック・ユニット。
「Autechre(オウテカ)」の、2年ぶり10作目となるニュー・アルバム!

数10秒の無音から、じわじわと音が広がって、まるで音の渦に飲み込まれていくよう。
アンビエント・トラックから、ベースの音が鳴り響く、攻撃的なトラックまであるけど、
とくに好きな場面は、3曲目の「known (1)」のはじまりかな。
ひと筋の光が差し込んでくるような、希望をイメージさせる。
なんだろう、音楽って感情だよな、と思った。
彼らはココロ優しきモンスター!

▼むかしのアルバム、“EP7”から、Dropp!
ちなみに、このアルバムにインスパイアされてレディオ・ヘッドの、
トム・ヨークが、『KID A』を制作したって聞いたけど・・・・・本当に?



最近の新譜だと、Sadeもいいよね。
月末には、エリカバドゥも出すし!
楽しみだ!

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2010-03-29 14:27 | music

まるで、広大な牧場の中にいるような・・・・武道館


The boyz back in town!

最近ブログの更新がだいぶおそいのだけど、
先月ARCTIC MONKEYSのライブにいってきたの。
前回のネタはこちらを→ ☆ポチリ

b0145357_1622927.jpg

しかし、武道館。。。。武道館って、広いのよね。
いつも酸欠上等!なライブハウスでみること多いから、
ひさびさに、ブロックごと柵で区切られたなかでみる、おりこうさんなライブ。
しかも悲しいことにブロックの位置が、真ん中より後ろだったからね。
なんだかまるで、広大な牧場の中にいるような気分でした。笑

でも気分を取り直して。
バンドが出てくれば、秒殺でアガります。

前回、前々回の来日公演では、若さと勢いで黙々と演奏していくイメージだったけど、
今回はアレンジ加えて遊んでみたり、自由奔放な感じだった!でも、演奏はすごくしっかり。
バンド自体の演奏のレベルがすごいあがってたわーー!特にドラムのマット、彼すごい!!!
なんていうか、すっかり大きくなったのねぇ・・・・・もう、Kidzじゃなくなってました。

しかーし、今回のアルバムがメロウでな曲調が多かったせいか、
アレックス(G&Vo.)がギターを置いて、歌いだしたとき、ひっくり返りそうになった。

なんだよ、その手持ち無沙汰な感じは!!!!

オアシスのリアム・ギャラがーのように後ろに手を組んで歌ってみたり、
片手をあげて煽ろうとしたり、しなかったりする、照れた中途半端な感じとか、
マイクをスタンドからはずして歌う姿は、どこかのカラオケでみる光景だった。
いつもはギター持って歌うからね、まだまだ、スタイルが決まらないみたいなのね。笑

でもいいんです、いいんです!その調子で!!!
ライブの回数を重ねるたびに、バンドの成長がみれるのがうれしい。
柵の中から遠くにみえる彼らの成長にそっと涙する、姉ゴコロなライブでした。

この日の前座は元THE SMITHのジョニー・マーをメンバーに迎えた、THE CRIBS!
大御所を前座にしたがえて来たからすごいことだよね、あたしは聞けなかったんだけど、
みてたひとは、THE CRIBS、超ーーーすばらしい!!って話しだったよ。

なんと!次の日に急遽決まった追加公演が、恵比寿のリキッドルームだってさ。
その情報を聞いたら、なんだよっ!と、きつく唇をかみ締めました。
演奏は良い、だけど、武道館だと“参加”してる感じがしなーい。
ちなみに、前方正面のブロックはモッシュ化してかなり盛り上がってたけどね。
酸欠になっても、あざができても、ライブは濃い空気感、目と耳以外でも味わうのがいい。
あたしは鑑賞じゃなくて、体験するのが好きなんだなー。

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-11-05 16:04 | music

unnamed band.


b0145357_1333425.jpg

うっそ。

RADIOHEADのThom Yorkeが、新バンドを結成だってよ!
気になるメンバーは、なんと、RED HOT CHILI PEPPERSのFlea!
あとは、BECKやR.E.M.らの作品や活動に参加しているJOEY WARONKERと、
RADIOHEADの作品を手がけるNIGEL GODRICHの5名。

すでに10月頭にLAでライヴを行ったんだってさ。
ひゃー!トムとフリーの絡みなんて想像できなーーーい!!!

なのに、バンド名が決まってないから、
ライブのスケジュールには「unnamed band.」の表記。
当日ライブ会場の外にある、公演名を記すネオンサインには、
『??????』、だってよ・・・最高!笑

ひさびさにわくわくするビッグニュース!
ある意味、このまま名無しでいて欲しい。
既存の型にはまらず、自由な感じするわ。

てか、トム、そんなに働いて大丈夫なのかしら?
きっと湧きあがるインスピレーションが豊富なのだろうけど。
ファンとしては、二度美味しいってことね。
新バンド連れて日本にも来て~!!

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-10-08 13:35 | music

また兄弟ケンカかよ!...oasis


あらまー!ノエルがバンド脱退するって?
今日パリでおこなわれる予定だったフェスを急遽キャンセル。

b0145357_16211839.jpg

oasisnetには
↓↓↓

悲しいけど、これで気が晴れたよ。今夜で俺はオアシスを辞める。
おまえらはこれに関して問うなり、なんなりしてくるだろうが、
単にもうやつ(リアム)とはウマが合わないのさ。
By ノエル

パリでの公演はパフォーマンススタート数分前にキャンセルが決まり、
電光掲示板にはキャンセルの理由を「口論によるもの」と表示されたんだって。

なんでも、開演数分前にリアムがノエルのギターを破壊したらしい・・・。
予定ではこの後、ミラノのフェスティヴァルにてプレイする予定だったけど、
ノエルが抜けたオアシスは機能するんかね?
てか、それじゃオアシスじゃないし!

まったく、この兄弟、いっつもケンカしてるね。
不仲説や解散説がある意味、このバンドの象徴にもなってたけど、今度は本気か?
そこが彼ららしいといえば、そうなのだけど、これっきり解散しちゃったら終わりだからね。
なんかのインタビューで、リアムがファッションブランド立ち上げるって聞いたけど、
うーーーん、あたし的には、後ろに手を組んで、あのスタイルで歌をうたい続けて欲しい。

b0145357_1622350.jpg

リアムのパンクな歌声と、ノエルのロマンテックなメロディ。
相反するキャラの二人が、バンドで曲を創るからこそ、生まれるケミストリーがあったのに。
当人同士が犬猿の仲といえども、客観的にみると、それも最高のハーモニーだったよね。笑
となると今年のフジロックで見納めだったのか?
本当に解散かよ....ああ、やだな。

こらリアム!
お兄ちゃんに、ちゃんと謝りなさーい!笑

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-08-29 16:18 | music

Arctic Monkeys / Humbug


UKのカリスマボーイズ!やっと新譜でたよ。
Arctic Monkeys “Humbug” イェイ!!

b0145357_1355167.jpg

前作よりもさらに激しいものになるかも?なんて噂あったけど、
BPMは格段に下がってる、とっても、スロウでメロウだわ。
でもそれが、抜群にいいんだよね、いままでにない、新しい感じ。
いやぁーいきなり大人になった!?って雰囲気でどきどきよ。

その理由は、Queens Of The Stone Ageのジョシュ・オムがプロデュース。
(ちなみにこのバンドも大好き!(直訳すると=石器時代のオカマたち)だから!笑)
だから、なるほどな仕上がりで、重ーーくて、遅いテンポで、超メランコリックよ。
デザート・ロック(砂漠の意味の方のデザートね)風にザラついてる。
キュー!キュー!

そもそもアークティックを好きになったのは秒殺だったな。
デビューアルバムの中の一曲を、最後まで聞き終わる前に惚れたもの。
という曲の良さはもちろんだけど、アレックス(Vo)が書くの歌詞にもノックアウトだった。
履き潰したコンバースがどうたらこうたらなんていう、キッズの日常を、文学のように表現するのね。
それが、当時17歳の少年だから、マジで焦りましたよ。

数年前にゼップでやった単独公演のとき、生で観て痺れまくりだったな!
いま思い出しても、10代の少年たちがする演奏じゃないよ、あれは、ただ圧巻。
しかも生意気なことに、完璧に演奏して、ノー・アンコールで去ってったからね。
最高にカッコよかったなぁーーーー!!!!!
ただ、次の年にサマソニで来日した時はアレックス飲みすぎ?
だいぶヨレてたけどさ、ま、それもそれで、可愛かったけど。笑

最近のバンドって、若さの勢いとか、生意気さとか、ゴシップ的な要素を、
トータルイメージで売りにしてるのが多いけど(だから大抵アルバム1枚出してすぐ消える!)
彼ら、アークティックは黙って、それを全部楽曲に込めてぶつけてくるからね、最高です。

いまもヘビロテ中!Soooo Goooooood!
しかし、今回のジャケ写の感じはツボですわ。
1st 、2ndともに「・・・???」な、ジャケットだったからね。笑
3rdアルバムは、すべての要素で、親指二本立ちましたわ!

▼これこれ、3rdにして初めてメンバーがジャケに写ってる。
しかも、紙ジャケなのが、個人的にタイプでうれしいのよね。

b0145357_11292150.jpg
▼Arctic Monkeys
http://www.arcticmonkeys.com/

今秋に来日公演あるんだよ。
もちろん速攻で、チケットゲットしたけどね。
イェイ!早く会いたいわーーーー!

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-08-27 13:59 | music

ビタッと、チャンネルがあう

b0145357_11221978.jpg


きのうは“The Birthday”のライブで、リキッドルームにいってきた。
先週は代官山のユニットであったし、その前はZEPP。
ここ数年の間で、ほんっと、いろんなところで彼らのライブがあったけど、
関東エリアで、おこなっているものは、ほぼ参戦している気がする。

他のアーティストのライブも参戦してるけど、
The Birthday ほど、自分のライフワークになっていない。
もちろん、みたいアーティストたくさんいるけど、他のバンドは、ライブ開催自体すくないし。
ニューアルバム出したときだけライブやるとか、ビッグフェスにしか出ないバンドもいるけど、
あたし的には、それがほんとにバンドかよ!?と突っ込みたくなる。
バンドならライブでロックしてよ!!!!生でしょ、生。
その点、The Birthdayは、“ライブバンド”と呼ぶにふさわしく、
ツアー以外にも、いろんな場所で、いろんなライブをしてくれる!

いまや、ライブ参戦には欠かせない相棒のA嬢と、
はじめていったThe Birthdayのライブが、リキッドルームだった。
初ライブのあと、やばいね、やばいね、かっこいいね。
汗だくになって、ぼろぼろになっても、高揚してこの二言しか会話になかった。

きのうのライブの帰りに、ふとそんなことを思い出して、しみじみした。
いろんな場所で、The Birthdayのライブみて、いろんな思い出あるけど、
なんかきのうのリキッドで、ひとつ大きく一周して戻った気がする。
一周・・・なにが一周か?よくわかんないけど。
とにかく、きのうのライブは、ビタッときた。
本当に良かった。

毎日の生活のなかで、ビタッと、チャンネルがあう瞬間がある。
友達と飲んでたり、ライブで踊ったり、ヨガしてたり、映画みてたり、なんかいろんな最中に。
相手とか、みてるものとかと、いい感じで、グルーブが生まれて、ビターーーッと、くる瞬間。
それがやってくるのはいつか予想もできないし、狙ってもはずすことある。
なので、ご褒美、と思ってる。

ライブの基本も、人生の基本も、コール&レスポンス。
やりとりの中で、グルーブが生まれて、その空気のなかで漂う、幸せ。
これ、鉄板!だから、気持ちよくってやめられないや。

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-08-12 13:15 | music

Wolfgang Amadeus Phoenix

東京は梅雨の谷間の真夏日!
いやぁ、しかし、暑いよね・・・・。
こんな日には、窓全開にして聞きたい音がある。
フランス・ヴェルサイユ出身の貴公子ロック、Phoenix!
4thアルバム『Wolfgang Amadeus Phoenix』かなりいいです。
最近のあたしのi-podでは、ぶっちぎり一番のヘビロテ中。
しかも、朝がいいのね、朝。似合うの。

b0145357_1431894.jpg
ちなみに、右から二番目のThomas Mars (Vo )は、
ガーリーな映画監督、ソフィア・コッポラの旦那さまです!
彼女の作品「マリーアントワネット」は、彼がいたから生まれたのかな?
ヴェルサイユ育ちのロックスターと、マリーアントワネット!うーん、できすぎ。

前回の来日公演、渋谷のクアトロ(なぜこんな狭いところで!)で、やったんだけど、
そのとき最前列で、どさくさにまぎれて、彼の頭を撫でました!ふわふわでした!!!
You Tube で「Phoenix, Rally」で検索すると、PVに東京公演の映像使われてまーす。

b0145357_14143535.jpg
▼Phoenix/フェニックス
http://www.wearephoenix.com/

SUMMER SONIC 09での来日が決定!イェイ。
今年の夏は、Arctic Monkeysも新譜だすし、来日公演あるし!
あつくて鼻血でそーう!!!
Rock me baby!

hana

↓Click me!
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by hanahanaup | 2009-06-23 14:17 | music

“The Vines”...... miss you sooooo much

b0145357_15513260.jpg
かなしいお知らせ。
このまえも書いたけど、
The Vines の来日公演
最高に楽しみにしてたのに、
クレイグの持病である難病が悪化して、
緊急入院&長期の治療が必要なんだって、
だから、日本公演も、オーストラリアのフェスも、すべて中止。

ふえーん。

あたりまえが、
あたりまえじゃなくなることなんて、
普段は予測なんてしないし、

ましてや
あたりまえが、
あたりまえじゃない人がいるってことも、
残念だけど、普段は忘れてしまっている、

いま在る、自分がもっている、
すべてのラッキーに感謝しなきゃ。
こんなときにしか、改まって思えないのが、
なんだか偽善ぽくて、かなしいのだけれど。

クレイグ、
クレイグ、
クレイグ・・・・

Love from tokyo!!!
[PR]
by hanahanaup | 2008-11-25 16:18 | music

“The Vines”...... the boys back in town!

オーストラリア出身のバンド、“The Vines” が、来日するよ。
もーーー、すごい、すごい、うれしい。
天才、クレイグ・ニコルズ(Vo.)率いる、このバンドは、
現代の、“ビートルズ meets、ニルヴァーナ” なんて、評されるほど。
そして、その、激しくて、繊細で、多様な引きだしを持つ、音楽性と、
すべての楽曲をてがける、クレイグの才能と、破天荒な行動に注目が集まり、
彼らはデビューしてまもなく、世界的な成功を収めたんだよね。

でも、その成功の後には、クレイグの破天荒すぎが問題で、
ツアーを中止したり、その他もろもろ、バンドとしての困難がつづいていた。
もうこのまま解散してしまうんじゃないかと、みんなが心配していた矢先、
08年に、クレイグは、『アスペルガー症候群』であると、診断された。

b0145357_1358536.jpg

この病気は、自閉症ともいえる神経障害で、患う人は、一般的に並外れて知能が高く、そして異常なほど、音楽やアートに興味と、天才的な能力を持つが、一般社会に適応するのが難しくて、わがままだとか、反社会的だといって、非難されることが多いのだそう。

自分の感情が、相手にうまく伝わらない。
コミュニケーションがとれない。
それは、きっと、あたしの想像を絶すること。
でも、クレイグは、アスペルガー症候群と診断され、
これまでの自分の行動が理解できて、救われた気がしたそう。

「部屋にこもって裏庭を眺めているのが好き」
ライブ中に白目をむいて叫び、ギターをぶっ壊す姿からは、
まったく想像もつかないようなことを、クレイグは言う。

感情が言葉では伝わらない、
だから体を使って表現する、
それでも、ダメだから、歌う。

以前、雑誌のインタビューでこんなことを言っていた。

“ぼくの世界は、とてつもなく、からまっている。
それをなんとか、ほどきたいんだけど、
ぐるぐるにからまっていて、どうしょうもない。
まるで、“Vine(ブドウ)”の、つるのようにね。”

b0145357_13584598.jpg

そして今年、
新しいアルバムとともに、The Vinesが帰ってきた!!

彼がロックで、からまった、その向こうの、世界をみつけようとしているみたいに、
あたしはヨガで、同じように、その向こうの、世界をみつけたいと思ってる。
もちろん、彼が抱えているものに、くらべたら、とても小さなものかもしれないけど。
大なり小なり、人それぞれが抱えているものは、みんな違うし、
その表現方法や、解決の方法も、違うよね。
でも、それに立ち向かう、突っ込んでいく、思いは、みんな共通だと思う。

おかえり、クレイグ!
おかえり、The Vines!!

彼らのファースト・アルバムの曲に、あるように、

“fuck the world”

大きな声で、いっしょに歌いたい。

11月27日(木)@Shibiya-AX
クレイグと一緒に、歌い、感涙してきます!!!!


◇The Vines
http://thevines.com/
[PR]
by hanahanaup | 2008-11-05 16:34 | music

ビョークと、トムと、すべての調和へ

きた、きた、きたっ!
やるのか!やらないのか?
いろいろと噂されていた、ビョークとトム・ヨーク(レディオヘッド)のコラボレーション・シングル、「Nattura」が、ようやく、iTunes Storeで配信開始したよ!いまのところ、デジタル配信限定のシングル曲となるみたいだね。
b0145357_1132240.jpg
この「Nattura」は、今年6月にアイスランドの自然保護を訴えるために行なわれた同名のイベントと同じく、アイスランドの自然保護のためにレコーディングされた曲。ちなみに“Nattura”はアイスランド語で“自然”という意味だそう。楽曲はビョーク自身による作曲/プロデュースで、トム・ヨークは、バッキング・ヴォーカルで参加。そして、ビョークといえば、おなじみの、旧友マーク・ベル(LFO)が、エレクトロニック・ビーツで参加!もう、これ、最高のメンバーだわ!

b0145357_1133462.jpgビョークは「いまは、これまで以上に自然をリスペクトする必要がある…。利潤、技術の進歩、自然との連携、全ては連動できると信じてる。どれひとつも犠牲になる必要はないわ」ってコメントしているけど、これこそ、ビョークらしい!彼女の音楽で、それは、いつもいつも表現されてるもん!自然を守るには、ただ、テクノロジーの進化を否定するのではなくて、求めるのは、すべてとの調和!Yes、しかもこれ、ヨガが求めるマインドだよね!

b0145357_11333579.jpg前に『インサイド・ビョーク 』というDVDを観たら、ビョークは自分の音楽性についてこういってたよ。「生まれ育ったアイスランドには、木がなくて、海には氷山ばかり。そんな環境で育ったから、小さな頃から、山を越えて学校に行くときなんかは、吹雪のなかを、大きな声で叫ぶように、歌いながら、歩いた、雪に吹き飛ばされないように。きっと、穏やかな気候で、草木が生い茂る通学路であったら、いまの私の歌いかたは、生まれなかった」って。

アイスランドの自然が生んだ天才歌姫!そして、こんどは、自分を育ててくれた、自然を守るために歌う!これって、すごい素敵な関係性だよねー。って、もう、ビョークのことはいつまでも書きたくなっちゃう。うふふ、なんか、トムヨークのこと、全然触れてないね!でも、前にもブログで書いたから、いいかな!?笑

去年、newアルバム、『Volta』の世界ツアーで日本に来て、武道館で観たけど、なんだかマグマみたいな人。グツグツ、感情が静かに燃えてて、きっかけがあれば、一気に噴火してしまう。その噴火が音楽なんだなーって。目の前で、小さな身体に裸足で、奔放に、繊細に、むき出しの感情が、パワフルに噴火してた。もう、感動の域を超えるよ!
そんな、マグマ体質なビョークが、デビューからずっと、外側に発散していた感情を、すべて内側に向けて、心の奥の奥へと潜りこんでいくようにしてつくった、2001年のアルバム『Vespertine 』は、いま、あたしの家でヨガをするときの必須音源。静かだけど、力強くて、やさしいけど、絶対に、甘えさせてくれない、こんなイメージのアルバム。まさに、存在自体がヨガ的!?夜、静かな部屋で、聞いてると、ビョークの鼓動の音まで聞こえるんじゃないかって、気がしてくる。氷の国が生んだ、熱い熱い、歌姫。

自然と音楽を結び、
テクノロジーと人間を結び、
あたしと、ヨガも気持ちよーく、結んでくれる!

もう、なにやっても、最高!

写真上:ビョーク&トムヨーク
写真中:『Nattura』
写真下:『Vespertine』2001年発売

▼Bjork HP
http://www.universal-music.co.jp/

hana


▼Click me!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
[PR]
by hanahanaup | 2008-10-29 13:52 | music


“read my lips”...声にならないささやき...もしくは、ときどき、内緒のお話し。
hana プロフィール
★★★★★★★★★★

ヨガの先生やってます!
ラージャヨガと呼ばれる
古典スタイルを探求中

★★★★★★★★★★

【ヨガのスタイル】
▼ラージャヨガとは?
ラージャとは王様を意味するサンスクリット語。ヨガの王道といわれ、ヨガの古典文献「ヨーガスートラ」に登場、別名は「瞑想ヨガ」。

▼どんなクラス?
ヨガ的なお話を交えながら、伝統的なヨガの知恵を現代社会で活かせるようにアレンジ。動きとじっくり向き合うことで精神を統一していき、ヨガの本質である静寂と心身の調和にアプローチしていきます。

★★★★★★★★★★

【ヨガの経歴】
◆日本ヨーガ瞑想協会
指導者トレーニング修了
全米ヨガアライアンス
200時間修了

◆インド政府公認スワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団指導者養成(YIC)受講中

2008年秋、ヨガ仲間と銀座3丁目にHASYOGAスタジオを設立。コンセプトは「日常に活かすヨガ」マットを降りたときにも役に立つヨガをお伝えしています。

銀座ヨガ ハスヨガ

★★★★★★★★★★

【レギュラークラス】
▼銀座のクラス
毎週土曜日(朝)
10:45~12:15
銀座ヨガ ハスヨガ

▼赤坂見付のクラス
毎週水曜日(夜)
20:30~21:00
毎週金曜日(朝)
11:15~12:30
Ryuung Studio

▼高円寺のクラス
毎週月曜日(夜)
19:30~21:00
Belle Vert

★★★★★★★★★★

【プライベート・クラス】
マンツーマンでヨガしたい
お友だち同士でヨガしたい
仕事の合間にヨガしたい
ヨガの哲学を勉強したい
・・・
そんなかたに!

みなさまのライフスタイルに合わせた、プライベートクラスを承ります。ご希望の日時や場所、クラス内容を明記のうえ、下記アドレスにご連絡をお願いします。

▼メールアドレス
hana-87up☆hasyoga.net
(☆を→@に変えて送ってください)

☆その他、ご質問などなど
お気軽にお問い合わせください!

★★★★★★★★★★

【Twitter】
hana_hasyoga

★★★★★★★★★★

【ヨガブログリンク】
走るYogini
*natural flow*
忙しいときは適当に そのくらいがちょうどいい
書を捨てよヨガをしよう

★★★★★★★★★★
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧