hana.com



hey babe,.... take a walk on the wild side. vol.1


先週、北海道の釧路にいってきたの。
札幌には何度かいったけど、釧路は初めて。
なぜ釧路?とよく聞かれるけれど、きっかけは、パスポートと、カフェ。
ひさびさの現実逃避には、東南アジア系ビーチリゾートな予感。
しかーし、夏休み前になって、パスポートの有効期限切れを発覚。
そのまま、テンションも、トーン・ダウン。

しばらくして、カフェに置いてあった雑誌をなんとなくみてたら、
北海道の“釧路湿原”で、「カヌーと乗馬」の特集記事。
もう、ぜったいこれ!ビビビッと、きてしまったわけ。
そんなこんなのいきさつで、発作的にきめた、釧路への旅。
そもそも、釧路の湿原てなに?それすら知らないまま、飛んでいったの。

釧路湿原はね、北海道の東部、釧路川にそって展開する、日本最大の湿原で、
むかしむかしの大昔は、海だった場所。
いまは、特別天然記念物のタンチョウ鶴とか、キタサンショウウオとか、
とても貴重な動物が生息している、国立公園に指定されているんだけど、
その広さは、なんと、東京の都心がすっぽりと入ってしまうほど。

さっそく、到着した翌日に、カヌーで釧路湿原を流れてみた。
ガイドさん漕ぐカヌーで、うねうねした川の流れにそって進むと、
そこに広がる景色は、とつじょ、アマゾンのジャングルふうだったり、
ケニアのサバンナ(水辺じゃないけど似てるの!)だったり、
もちろん、北海道らしい、おおらかで雄大な景色だったり、
大きなカーブを曲がるごとに、いろんな表情をみせてくれるの。
ときには岸辺に、タンチョウ鶴が舞いおりたり、エゾジカが顔をだしたり、
湿原のもっと奥地には、ヒグマも生活しているそう。
残念ながら、アタシたちはどれとも、遭遇できなかった。

ガイドさんの熱いトークで、しらなかった湿原のこと、釧路のこと、
北海道のいろんなことが、とてもよく理解できたよ。
その話のなかでも、とくに印象的だった話があるの。

川岸に生えている何本かの木は、水の流れによって、根元の土が削られ、
いまにも川に落ちそうなくらい、水面すれすれに、倒れてしまっているの。
でもね、それもすべて、そのまーんまにしておくんだって。
すると、木はやがて川に落ちて、その木は、小魚の家になるから。
そこに小魚がたくさん集まれば、やがて鳥があつまり、こんど鳥たちは、その魚を食べて、
鳥は飛びたつときに、地面にフンを落とし、その場所から、また新しい木が生える。

こんな自然の循環によって、湿原は成り立っているそう。
もうひとつ、自然と人間の、こんな話もしてくれたよ。

カヌーをのるお客さんを観察してみると、時間帯や天気によって、
気持ちとテンションがガラッと変わっていくのがわかるんだって。

たとえば、朝霧のなか、ピンクと紫に染まった夜明けに、出発するときには、
みんなとても静かで、神聖に‘何か’を感じようとしているんだけど、
明るい太陽がさしこみはじめるゴール付近になると、みんないっせいに喋りだす。
それから、小雨ふるなかでは、神経質な反応をみせながらも、カヌーにのって、
いったん濡れちゃえば、それが大雨に変わろうが、みんなテンションが高いそう。
そして、さんさんと輝く太陽の光のなかで、わいわいガヤガヤと出発しても、
オレンジ色の夕日に染まるころには、メロウで、ゆったりした表情になっている。
などなど、この観察目、おもしろいよね。
こんな話を聞いてみると、どんなに近代化がすすんだってさ、
アタシたちは、地球のリズムに影響をうけていきてる、生き物なんだなって。

アタシも圧倒的な太陽と、自然のなかで、数時間をすごし、
小さな植物のひとつひとつが、発する生命のエネルギーを感じて、
惜しみなく、活きのいい酸素をどんどん提供してくれるもんだから、
なんだかずっと、身体が満ちてくる感覚で、ワナワナしてた。

都会の生活で、本来の能力を失って鈍ってた五感が、
みるみる活発になって、敏感になっていくのを感じたの。
こんな感覚は初めてだし、かなり、刺激的。
ヨガの呼吸法を意識しなくたって、自然にゆったり、深い呼吸してる。
自然の強烈な影響を受けて、すべてが一体になった感覚!?

実は、これってヨガの哲学が、目指すところなんだよね。
ヨガには身体を動かして知ることの他に、頭で理解しておく哲学があって、
いま、それを勉強しているのだけれど、じつは、これが苦手なの、アタシ。
でもさ、みんなにも、ふだんの生活で、こんなことない?
頭では理解しても、心が納得しないんだよねーっていう感じ。
アタシにとってのヨガ哲学は、まさにこれ。

日ごろ都内のスタジオとか、自宅で、ヨガしてるときに、
“一生懸命”になって、すべてと一体になるイメージしてるけどさ、
ここなら、イメージなんかしなくったって、いいんだよね。
だって、ぜんぶ、となりに、在るんだもん。
この旅行の体験で、飛躍的に、ヨガへの実感が深まったよ。

皮肉にも、ヨガとまったく関係ない(すべてからの逃避行だったのに!)旅先で、
ヨガを学んで帰るなんて!これはかなり面白いアプローチだっだな。
結局は、理解するだけじゃなくて、実感すること!これがすべてなんだね、きっと。
旅のきっかけからすでに始まっていた、偶然というか、“必然”の、シンクロ二シティー。
地球の息吹を肌で感じたら、本能的な五感も、ワイルドに目覚めたぜい!


カヌーについてはこちらよ
◇釧路マーシュ&リバー
http://www.946river.com/


長文読んでくれて、ありがとう。
でも、まだ、つづくから、覚悟してね!笑
[PR]
by hanahanaup | 2008-09-20 13:54 | travel
<< hey babe,.... t... ハスの花、きれいに咲くといいな >>


“read my lips”...声にならないささやき...もしくは、ときどき、内緒のお話し。
hana プロフィール
★★★★★★★★★★

ヨガの先生やってます!
ラージャヨガと呼ばれる
古典スタイルを探求中

★★★★★★★★★★

【ヨガのスタイル】
▼ラージャヨガとは?
ラージャとは王様を意味するサンスクリット語。ヨガの王道といわれ、ヨガの古典文献「ヨーガスートラ」に登場、別名は「瞑想ヨガ」。

▼どんなクラス?
ヨガ的なお話を交えながら、伝統的なヨガの知恵を現代社会で活かせるようにアレンジ。動きとじっくり向き合うことで精神を統一していき、ヨガの本質である静寂と心身の調和にアプローチしていきます。

★★★★★★★★★★

【ヨガの経歴】
◆日本ヨーガ瞑想協会
指導者トレーニング修了
全米ヨガアライアンス
200時間修了

◆インド政府公認スワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団指導者養成(YIC)受講中

2008年秋、ヨガ仲間と銀座3丁目にHASYOGAスタジオを設立。コンセプトは「日常に活かすヨガ」マットを降りたときにも役に立つヨガをお伝えしています。

銀座ヨガ ハスヨガ

★★★★★★★★★★

【レギュラークラス】
▼銀座のクラス
毎週土曜日(朝)
10:45~12:15
銀座ヨガ ハスヨガ

▼赤坂見付のクラス
毎週水曜日(夜)
20:30~21:00
毎週金曜日(朝)
11:15~12:30
Ryuung Studio

▼高円寺のクラス
毎週月曜日(夜)
19:30~21:00
Belle Vert

★★★★★★★★★★

【プライベート・クラス】
マンツーマンでヨガしたい
お友だち同士でヨガしたい
仕事の合間にヨガしたい
ヨガの哲学を勉強したい
・・・
そんなかたに!

みなさまのライフスタイルに合わせた、プライベートクラスを承ります。ご希望の日時や場所、クラス内容を明記のうえ、下記アドレスにご連絡をお願いします。

▼メールアドレス
hana-87up☆hasyoga.net
(☆を→@に変えて送ってください)

☆その他、ご質問などなど
お気軽にお問い合わせください!

★★★★★★★★★★

【Twitter】
hana_hasyoga

★★★★★★★★★★

【ヨガブログリンク】
走るYogini
*natural flow*
忙しいときは適当に そのくらいがちょうどいい
書を捨てよヨガをしよう

★★★★★★★★★★
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧